西表島のカヌーツアーは自然もグルメも一度に何度も楽しめる

Canoe

初めてのカヌーツアーの内容とは?

黄緑色のカヌー

初めてカヌーツアーをされる方は、溺れないかなとか怖くないかなとか不安がいっぱいです。でも心配することはありません。溺れないようにライフジャケットを付けますし、船と違ってカヌーは復元力があるので、もし落ちたとしてもインストラクターが再びカヌーに乗せてくれます。上級者になると沈没状態からパドル(カヌーを漕ぐ道具)1本でカヌーから降りないまま元の状態に戻ることができます。
一般的なカヌーツアーに申し込むと、春から秋にかけては濡れてもよい恰好でと指示され、秋後半からはツアーを開催する団体からウェットスーツを貸し出す場合もあります。そしてライフジャケットを身に着けた後に、パドルの使い方の説明があります。パドルは1本の棒で両端にブレードというものがついています。漕ぎ方はちょうどパンチを右左と交互に自分の目の前に繰り出す動きになります。前、右、左、後ろへの漕ぎ方、ストップを習います。
そして次にカヌーの乗り方です。まずカヌーを海面または水面近くまで運びます。次にパドルをカヌーの座席のやや後ろ部分に置き、体はその前で後ろ向きにパドルを抑えながら足を入れていき、次にお尻を入れます。そしてパドルで砂浜または地面を押して水面へ浮かぶということになります。初心者の場合は、しばらくはインストラクターが指示を出して漕ぎ方を指導してくれます。カヌーツアーは半日ツアーで5000円ほどが相場です。ぜひチャレンジを!

ピックアップコンテンツ

  • 黄緑色のカヌー

    初めてのカヌーツアーの内容とは?

    初めてカヌーツアーをされる方は、溺れないかなとか怖くないかなとか不安がいっぱいです。でも心配することはありません。溺れないようにライフ…

    MORE
  • 二隻のカヌー

    カヌーツアーは料金をチェックしておく

    カヌーツアーは、目的に合わせてチョイスするのがベタです。家族で申し込むなら、お子様向けのメニューが豊富なツアー会社、女子同士で行くなら…

    MORE
  • カヌーのシルエット

    カヌーツアーでこんなことやってみよう

    カヌーツアーに参加される方は、最初はカヌーに乗ることに一生懸命で大変だと思います。でも少し慣れてきたらいろんな遊び方ができることに気が…

    MORE

記事一覧